人気ブログランキング |

プクプクノート 

tabiyomogi.exblog.jp
ブログトップ

トーベ・ヤンソン展へ

b0137933_1843246.jpg
フィンランドのクルーヴ島の夏の家の模型です。
(ここだけ撮影OK)
トーベ・ヤンソンとパートナーが二人で50歳をこえてからほぼ25年間、
毎年夏を過ごした家の生活のあとがそのまま残されています。

ムーミン アニメはあまりみていないし、ムーミンが好きだったわけでもないけれど、
作者のトーベ・ヤンソンの原画や絵画が見てみたくて 
あべのハルカス美術館まで行ってきました。



b0137933_2224794.jpg
岩礁の上に建つ夏の家
泳ぎ、魚を取り、流木や石で何か作り、描き 
電気も水道もない場所で 

この写真は家にあった雑誌クウネル23号(2007.1.1)の
特集「ムーミンのひみつ。」の見開きページ
たまたま思い出して読み返しました。
クーネルの人、この小屋まで行かれたんですね。

トーベ達が日本で買ったというコニカの8ミリでこの島の様子を撮り、編集した
4分間のビデオも上映されていて

静かな小屋のような家 いい感じです。
(実際、ここにひと月暮らせるか?は別として)

ムーミンの原画は細いペン画で描かれていてものすごく繊細です。
戦争を体験したトーベはそのつらさから逃れるためにムーミンを
描きはじめたようですが、登場するキャラクターたちは
すべて身近な人がモデルになっているそうです。

GALMという雑誌にはヒトラーを描いた風刺的なイラストも載せていて
すみっこに、のちにムーミンになる小さなキャラクターを発見して
ついうれしくなったり

油絵、挿絵、漫画と
トーベ・ヤンソンの世界にすっかり魅せられて
見終わった頃にはお昼になっていました。

トーベ・ヤンソンの果てしない想像力とそれを絵に描くパワーに
心打たれて 
不思議な空気感の中にいるムーミントロールのことを思い浮かべてみたりしました。

「秋になると、旅に出るものと、残るものとに分かれます。
いつだってそうでした。めいめいのすきずきでいいんです。」
こう書かれた「ムーミン谷の11月」
読んでみようかしらん。
by yomogi-33 | 2015-09-26 23:05 | 街歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tabiyomogi.exblog.jp/tb/24935977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。